井戸端ガレ−ジ

アクセスカウンタ

zoom RSS 井戸端ガレージ的ソーラーカーレース

<<   作成日時 : 2010/09/30 00:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

灼熱の夏が終わり、もうめっきり秋だと言うのにまだまだ日中は暑いですね...。
なんやかんやと慌しくしているうちにあっという間に二ヶ月が過ぎてしまいましたョ、トホホ(-_-、

ソーラーカーの事とか書きたかったのに、ものの見事に旬を外してしまいました。
バテバテでグダグダな8月でしたが、ネタはきっちり有ります。
が...太陽電池を〆ないと私の夏が終わりませんので...(笑)

遡ること春4月の中頃、ソーラーカープロジェクトの監督からメール。
「今年もソーラーカーレースやるので手伝って」と。
好き者のワタシが断る筈が無い。
二つ返事で「OK」と返信。
後に、「車体顧問」と言う肩書きを頂くことに成る...荷が重過ぎますって(笑)
肩書きに負けないよう頑張ったつもりですが...。

今年の目標は、「勝ちに行く」との事。
メインテーマは「軽量化」と「抵抗の軽減」
普通、たった4年で勝ちに行くとは、そら又無謀な...と思うところでしょうが、負ける要素はあんまり無い。
強いて言えば車体重量。特にカウルの重さ。
アッパカウル、ロアカウル合わせて40kg以上。
車体総重量は200kgを超える。(電池、ドライバーを含む)
これを5W程度のモーターで走らせる訳だ。
最も重いのは電池。
これは軽量化できない。
シャシーはアルミパイプフレームとしては結構軽く、大体20kg程度。
と成れば、軽量化はアッパとロアのカウルで...と成る。
軽量化といえば、多少の剛性を犠牲にしても穴をズバズバ開けて...と言う所だが...。
剛性重視で表面のカーボンの樹脂、塗装皮膜を削って軽くする手法を取った為、案外手間取った。
しかし、合計で約13kgの軽量化と相成ったわけで、苦労も報われたと言う物だ(笑)
今年は、初夏と言えど真夏の暑さだったので、屋外での作業はホントに辛かったのも事実。
梅雨にはしっかり雨も続いたしねぇ...。

抵抗の軽減については、自分も反省点が幾つかある(^^;;;
先ず、フロントのハブベアリングにカラーを入れてなかった。
カラーを入れる事でハブベアリングを一体化出来るのに、それに気付けないで居た。
大学系チームに指摘され、カラーを作成したとの事。
それを聞いた時に、自分自身に腹が立ったし、情けなかった。
が、過ぎちゃった事は仕方ないので、それはさておき。

梅雨前の試走会で、フロントサスペンションを壊したのも(結果論だが)タイミング的には良かったんだと思う。
もし、あそこで壊れずに本番で壊していたらと思うと...考えただけでもゾッとする。
フロントのアライメントを取り直すきっかけにもなったし、ダンパーの故障もそれで解った様なものだし。
結構トッチラカッタけど準備段階だったと言う事で、良い方に転がったと今更ながらそう思う。

この頃は結構余裕〜って感じだったけど、日も迫ってくると緊張感も増して...来る筈なんだけど...。
案外余裕だった(笑)そう思っていたのは俺だけか?(笑)
けど、時間なんて幾ら有っても足らない物で有り、余裕なんて無かったのかも知れないなぁ(^^;;;
少なくとも昨年よりは焦ってなかった。
カウルも念入りに磨けたし♪
やれる事はやったつもりでも、「何か忘れてないか」、「これで充分なのか?」って常に思う物。
幾らやってもやり足りない。
そんなモン。
...そう言えば...カウルにワックス掛け損じた...orz(今になって思い出すなって!)

レース本番は、積み込みには手伝いに行けず、車検には参加せずで、決勝当日のみのお手伝い。
早朝起床。(こう言う時は目覚まし一発で起きられる)
行きしなにお手伝いの会員さんを一人ピックアップ。
当初の予定では、監督が「キャンギャル」(!)を手配していたらしく、オネーサンも2名連れて行く予定だったのが、
突然踏みとどまった(笑)らしく、男2名の旅となりますた。
2時間余りで順調に到着。
工場扇(リクエスト)と手持ちの工具を降ろし、準備完了。

隣のピットが芦大、相乗りピットが紀北と言う有力チームとの同居。
嫌が応にも盛り上がります(笑)
しかし...芦大の「スカイエースティガ」はカッコエエ♪
紀北のアンダーカウルもカーボンで軽く克丈夫そうで機能美に溢れてました♪
メカフェチの俺なんかそれらを見てるだけでもシアワセ〜♪
そうそう、今年初めて会員さんと同じ「流石俺達」Tシャツ(若葉会公式)着させて貰いました。
俄然ヤル気が...(笑)(それまでも充分有ったんだけどね、+αって事で)

予選とレースの展開はこちらに任せて置きましょう。
予選、決勝共にお約束のトラブルも有りましたが、何とか乗り切り極上の結果を得ることが出来ました。

今まで少なからず参画したレース(草レース、アマチュアミニバイク)ではシリーズ入賞はおろか単体での表彰台すら経験が無かったのに、初体験が2位!
ウチらのチームのドライバーが表彰台に上った瞬間は、「俺ら頑張ったよなっ!」って思った。
約一名(自分)良いとこ取りなんですが...すんませんm(__)m

最後の〆
やっぱレースはおもしれぇ〜♪(って、これが〆かよっ!)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
井戸端ガレージ的ソーラーカーレース 井戸端ガレ−ジ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる